軽症の傷の補修にはDIY

光と自然車のボディに軽症の傷がついてしまった場合、DIYで傷の補修を行うことができます。ボディの塗装部分まで傷が入っておらず、クリア層だけ髪の毛のような細い傷が入った程度であれば、市販のコンパウンド剤で軽く磨いてあげると、傷を簡単に消すことができます。コンパウンド剤は粗目から細目までいくつかの種類を用意しておくと良いでしょう。

爪にひっかかるほどの傷の場合は、コンパウンド剤だけで傷を消すことはできません。DIYで傷の補修をする自信がない場合は、修理工場に持ちこんで補修してもらうのが良いでしょう。しかし、自分でもある程度まで補修することは可能です。まずは、傷を埋める作業から始めます。傷のあるところにカラーを紅葉塗装しても傷をきれいに消すことはできません。傷は専用パテを埋め込みながら補修していきます。パテを埋め込んだ後にヤスリできれいに研磨していきます。そして爪にひっかかるような段差が消えたら、カラーの塗装にうつります。塗料はディーラーに行けば売っています。タッチペンを使う場合は、直接タッチペンで塗装するよりも、細い筆に塗料を塗るほうがきれいに仕上げることができるでしょう。スプレーを使う場合は、マスキングをして塗装するのがポイントです。