未分類

自動車のボディに関しては、常に綺麗な状態を保つことを行っている方が存在しています。しかし、一定期間を乗り続けている状態では、知らぬ間にボディに傷が付いてしまうこともあります。例えば走行中に障害物にぶつけてしまった場合や、飛び石などでも傷が付いてしまうこともあります。また、何かの物で擦ってしまうこともあり、ボディに擦り傷などが付着してしまうことも珍しいことではありません。一般的な削れた傷の部分に関しては、タッチアップペンなどを利用することによって、比較的簡単に補修を行うことができます。その前に知っておきたい内容としては、ボディのカラーナンバーを調べることが大切になります。エンジンルーム内などのプレートに記載されていることが多いものとして知られているのですが、このナンバーに関してはタッチアップペンを購入する際に便利になる番号とされています。お目当てのペンを購入できた場合では、傷に対してそのまま筆で塗る方法も良いのですが、細い線のような擦り傷の部分に関してはマスキングテープを併用することもおすすめになります。テープによって傷の周囲を保護することを行って、傷の部分にだけ塗料が付着するように配慮することで、綺麗な仕上がりを実現することができます。

いたずらで、大切なクルマに引っかき傷をつけられたとき、本当に悲しいし、悔しいですよね。引っかき傷を完全に消すのは簡単なことではありませんが、DIYである程度目立たなくさせることは可能です。まず、爪に引っかかるほど深い傷になっていない場合は、クリア層だけに傷が入っている場合は、市販のコンパウンド剤で傷を消すことができる場合があります。コンパウンド剤には粗削り用から、仕上げようまでサンドペーパーと同様に様々な種類がありますので、それぞれ粗さが違うのを2~3種類ほど用意しておくと良いでしょう。そして、粗いものから徐々に目の細かいものに変えていきながら研磨していくと、最終的に傷が消えるだけではなく、輝きを取り戻すことができます。

しかし、爪に引っかかるほどの深い傷の場合は、この方法ではきれいに消えません。まず傷をパテで埋める作業から始めなければなりません。車専用のパテを購入し、傷に埋めていきます。はみ出た部分は後から削り取れば良いので、あまり気にしなくても大丈夫です。パテが硬化したら、紙ヤスリで丁寧に整え、平にします。その後、タッチペンなどで塗装すれば傷は目立たなくなります。タッチペンも直接塗るのではなく、細い筆につけて塗るようにすると良いでしょう。

車に大きな傷をつけてしまった場合、市販されている補修グッズで修理するにはかなりハイレベルな技術を要します。基本的な作業は小さな傷、大きな傷もそれほど変わることはありません。まず、補修か所のヘコミや傷を平な状態に戻します。そのために用いられる補修グッズは、クルマ専用の補修用パテになります。粘り気のある粘土のような素材でできており、形を自由に変えることができます。この補修用パテを使ってへこんだ部分や傷の部分に平にしていきます。大雑把に補修用パテを埋め込んでいくような感じで良いと思います。その後、補修用パテが硬化するのを待ちます。

しっかり硬化した後に、ヘコミや傷の部分からはみ出した補修用パテをヤスリで削り取っていきます。粗い紙やすりから初めて、徐々に目の細かい紙やすりに変えていくときれいに削れます。そして最後はコンパウンド剤で艶が出るまで磨きます。このような地道な作業は、プロでも同様に行っています。この下地造りを丁寧に行わないと、塗装作業に移行することができません。慌てず、しっかり行うことが大切です。自分で修理を行う自信がなければ、迷わずプロの修理屋に頼むと良いでしょう。それほど高額ではありませんし、初めから傷などなかったかのように仕上げてくれことでしょう。

自動車に乗っていると、時にはボディに傷が付いてしまうことがあります。ボディの傷に関しては、あまり見た目上として良いとは言えない状況のタイプもあり、中には補修を行う方も存在しています。その際にはボディカラーに適合しているスプレー等を購入して、カラー塗装を行う方法がメインとされていますが、一連の作業の中には必要とされている手順というものがあります。下地を綺麗な状態に施すことから始まって、場合によっては耐水ペーパーなどで磨き上げることも必要になります。その後はプラサフという下地用のスプレーを吹き掛けることによって、塗装を安定化させることができます。その上にカラー塗料を吹き掛けることになりますが、カラー塗料に関しては最低でも2回から3回程度に分けて塗ることも基本とされています。それぞれの作業に関しては乾燥させてから重ね塗りを行う方法が最適になり、最終的にはクリアー塗料を利用することも基本とされています。全ての工程が終わり、しっかりと乾燥させた後に、コンパウンドなどを利用して、表面を磨き上げることによって、綺麗な塗膜を作りだすことができます。周囲との色の差が出てしまっている場合では、いわゆるボカシ剤を利用する方法も用意されています。

車のバンパーを擦ってしまうと、塗装が剥げてしまい、黒いザラザラとした樹脂がめくり上がってしまいます。このような状態で、直接カラーを塗って傷を目立たせなくさせても、きれいに仕上げることはできません。まずは、擦れてしまった部分をきれいな状態にすることから修理を始めます。

用意するのは紙やすりとコンパウンド剤です。まずは紙やすりで、大きな傷を削り取っていきます。粗目の紙やすりでザクザク削り取っていきましょう。めくれ上がってしまったような傷をある程度取り除くことができたら、次に目の細かい紙やすりで研磨していきます。それが終わったら、さらに目の細かい紙やすりという具合に徐々に変えていくのがコツです。

だいたいのやすりがけが終わったら塗装に移りますが、窪んでしまっていたら、その部分をパテやサーフェイサーなどで埋めていきます。この作業を省くと、段差ができてしまいきれいに仕上げることができません。パテやサーフェイサーも紙やすりで研磨し、段差がなくなったら、仕上げにコンパウンド剤で美しく輝きだすまで磨きましょう。これが下地となって、はじめてきれいに塗装する準備が整うわけです。手間はかかりますが、この一つひとつの工程を踏むことが大切なのです。

自動車の補修を自分で行うためには、一定の知識と技術を必要としている部分があります。しかし、現在では補修を行うために必要とされている便利なアイテムが販売されていることによって、多くの場所でDIYとして活用することができます。その内容の中にはボディに関することがあり、例えば傷や錆などができてしまったことによって、元通りに綺麗な状態に戻す方法があります。やり方に関しては、ボディの状態によって大きく異なりますが、傷や錆などの場合では、下地を十分に整えることが必要になります。耐水ペーパなどを利用して、下地を調整する方法もありますが、凹んでいる部分や錆によって穴が開いている部分に対しては、専用のパテを利用する方法も用意されています。パテは乾燥後に耐水ペーパーで磨くことが基本とされており、その上で下地塗装を行って、カラー塗装を施すことになります。最終仕上げとしてクリアラッカーを吹き掛けることも必要になり、状態次第では何度かに塗り分けることによって、綺麗に仕上げることができます。完全に塗装が乾燥した後には、コンパウンドを用いて磨くことによって、塗装を鏡面仕上げに施すことが可能とされており、美しい輝きを取り戻すこともできます。

ホームセンターに行けば、様々な車関連の商品が販売されています。その中でも、塗装関係の商品はかなりの数になります。これらの商品を使えば、自分である程度のキズを直すことが可能です。塗料に関しては、自分のクルマのボディと同色の塗料を間違わないで購入する必要があります。時間が経つとボディの色合に変化が起こるので、完全に同色を探すのは難しいかもしれませんが、できる限り近いカラーを探すようにしましょう。ホームセンターになければディーラーで購入するのも手です。純正色が用意されていますし、それほど高額ではありません。

キズを塗装で目立たなくさせる場合の便利な補修グッズとして、マスキングテープがあります。マスキングテープをキズの両側に貼ることで、塗料が他の個所につくことを防ぐことができます。ふで塗りする場合は、それほど広範囲にマスキングテープを貼る必要はありませんが、スプレーなどで塗装する場合は、塗料が飛び散るので、広範囲にマスキングする必要があります。マスキングの作業を行うと、塗装後がマスキングテープにそって線のようになりますが、コンパウンドで磨きながら、不自然さを消していけば、目立ちにくくなります。なお、自分で直すことが無理と思ったら、プロの修理を頼みましょう。費用がかかりますが、完璧に仕上げてくれますよ。

車は使っているうちに傷がついてしまうものですが、仕方の無いものといって放置しておくのは危険です。
細かな傷であれば問題はありませんが、どこかに擦ってしまってボディーの金属部分にまで到達してしまった傷の放置は寿命にも影響してくることになってしまうため、早めの修理が必要となってきます。

塗装というのは見た目を良くする目的のほかに、金属部分の保護をするための効果もあります。
特に日常的に屋外で使用されるものですから、金属部分がむき出しになっているとすぐに腐食を起こしてしまうことになります。
傷の修理というのはそれほど難しいものではありませんが、金属自体が腐食をしてしまうとあっという間に全体に広がってしまうということも少なくありません。
そのような状態になってしまうと、エンジンなどの調子が良くても乗り続けることができなくなってしまうので、注意が必要なのです。
このように塗装にはサビを防ぐという重要な役割があるので、傷がついていても走りには影響が無いからと放置をしないで長く乗り続けるためにも早い段階で手を打つようにしましょう。
メンテナンスさえしていれば、何時までも乗り続けることができるので早めの対処が結果として節約にも繋がります。

自動車を愛する人にとって傷は些細なことではありません。大切にしているからこそ予期せぬ箇所で発見された場合などには相当大きな心のダメージを受けるものです。あまり関心の無い人にとってはどうでも良いことで、夫婦間でも認識や価値観の違いでなかなか理解してもらえない場合も多々あるそうです。たとえほんの小さな傷であっても気づいたものはなんとかして補修したいと思うのが当たり前ですが、修理の費用は本格的なものとなると非常に高額になります。しかし、最近はディーラー等での購入時に同時施工することの多くなったカーコーティング等のおかげで、軽微なものであれば簡単な補修材を刷り込むだけで非常に簡単に修復できるようになりました。多くのコーティングでは専用のメンテナンスキットが同梱されており、そのメンテナンスキットを使うだけで驚くほど簡単に修繕することができるのです。塗装表面のコーティング層がダメージから塗装を守ってくれており、そのコーティング層だけを修復することで軽微なダメージから何度もボディを守ってくれるという仕組みです。高速道路の走行や悪路の走行では予期せずして小石によるダメージを受けてしまうものですが、こうしたメンテナンスキットによって簡単に復活できる場合もありますので、カーコーティングはその機能や特徴をよく知ってから施工することをお勧めします。