いたずらで引っかき傷を付けられた時の処置

いたずらで、大切なクルマに引っかき傷をつけられたとき、本当に悲しいし、悔しいですよね。引っかき傷を完全に消すのは簡単なことではありませんが、DIYである程度目立たなくさせることは可能です。まず、爪に引っかかるほど深い傷になっていない場合は、クリア層だけに傷が入っている場合は、市販のコンパウンド剤で傷を消すことができる場合があります。コンパウンド剤には粗削り用から、仕上げようまでサンドペーパーと同様に様々な種類がありますので、それぞれ粗さが違うのを2~3種類ほど用意しておくと良いでしょう。そして、粗いものから徐々に目の細かいものに変えていきながら研磨していくと、最終的に傷が消えるだけではなく、輝きを取り戻すことができます。

しかし、爪に引っかかるほどの深い傷の場合は、この方法ではきれいに消えません。まず傷をパテで埋める作業から始めなければなりません。車専用のパテを購入し、傷に埋めていきます。はみ出た部分は後から削り取れば良いので、あまり気にしなくても大丈夫です。パテが硬化したら、紙ヤスリで丁寧に整え、平にします。その後、タッチペンなどで塗装すれば傷は目立たなくなります。タッチペンも直接塗るのではなく、細い筆につけて塗るようにすると良いでしょう。