大きな傷をつけてしまった場合

車に大きな傷をつけてしまった場合、市販されている補修グッズで修理するにはかなりハイレベルな技術を要します。基本的な作業は小さな傷、大きな傷もそれほど変わることはありません。まず、補修か所のヘコミや傷を平な状態に戻します。そのために用いられる補修グッズは、クルマ専用の補修用パテになります。粘り気のある粘土のような素材でできており、形を自由に変えることができます。この補修用パテを使ってへこんだ部分や傷の部分に平にしていきます。大雑把に補修用パテを埋め込んでいくような感じで良いと思います。その後、補修用パテが硬化するのを待ちます。

しっかり硬化した後に、ヘコミや傷の部分からはみ出した補修用パテをヤスリで削り取っていきます。粗い紙やすりから初めて、徐々に目の細かい紙やすりに変えていくときれいに削れます。そして最後はコンパウンド剤で艶が出るまで磨きます。このような地道な作業は、プロでも同様に行っています。この下地造りを丁寧に行わないと、塗装作業に移行することができません。慌てず、しっかり行うことが大切です。自分で修理を行う自信がなければ、迷わずプロの修理屋に頼むと良いでしょう。それほど高額ではありませんし、初めから傷などなかったかのように仕上げてくれことでしょう。