塗料はカラー塗料だけではだめ

自動車に乗っていると、時にはボディに傷が付いてしまうことがあります。ボディの傷に関しては、あまり見た目上として良いとは言えない状況のタイプもあり、中には補修を行う方も存在しています。その際にはボディカラーに適合しているスプレー等を購入して、カラー塗装を行う方法がメインとされていますが、一連の作業の中には必要とされている手順というものがあります。下地を綺麗な状態に施すことから始まって、場合によっては耐水ペーパーなどで磨き上げることも必要になります。その後はプラサフという下地用のスプレーを吹き掛けることによって、塗装を安定化させることができます。その上にカラー塗料を吹き掛けることになりますが、カラー塗料に関しては最低でも2回から3回程度に分けて塗ることも基本とされています。それぞれの作業に関しては乾燥させてから重ね塗りを行う方法が最適になり、最終的にはクリアー塗料を利用することも基本とされています。全ての工程が終わり、しっかりと乾燥させた後に、コンパウンドなどを利用して、表面を磨き上げることによって、綺麗な塗膜を作りだすことができます。周囲との色の差が出てしまっている場合では、いわゆるボカシ剤を利用する方法も用意されています。