自分でできる!車の補修方法とは

自動車の補修を自分で行うためには、一定の知識と技術を必要としている部分があります。しかし、現在では補修を行うために必要とされている便利なアイテムが販売されていることによって、多くの場所でDIYとして活用することができます。その内容の中にはボディに関することがあり、例えば傷や錆などができてしまったことによって、元通りに綺麗な状態に戻す方法があります。やり方に関しては、ボディの状態によって大きく異なりますが、傷や錆などの場合では、下地を十分に整えることが必要になります。耐水ペーパなどを利用して、下地を調整する方法もありますが、凹んでいる部分や錆によって穴が開いている部分に対しては、専用のパテを利用する方法も用意されています。パテは乾燥後に耐水ペーパーで磨くことが基本とされており、その上で下地塗装を行って、カラー塗装を施すことになります。最終仕上げとしてクリアラッカーを吹き掛けることも必要になり、状態次第では何度かに塗り分けることによって、綺麗に仕上げることができます。完全に塗装が乾燥した後には、コンパウンドを用いて磨くことによって、塗装を鏡面仕上げに施すことが可能とされており、美しい輝きを取り戻すこともできます。